【シャドバ】RAGEファイナリストデッキ公開!まさかの…

アプリ
夕方ゆかた
夕方ゆかた

10/6(日)にてRAGE day2が終了!

もも
もも

大会のファイナリストが使用したデッキが早速公開されましたね!

まさかの3種類のみ!

『シャドバ』公式ツイッターにて書かれていますが、今回のファイナリストが使用したデッキは、

  • 自然エルフ
  • 自然ネクロマンサー
  • 自然ビショップ

です。

もも
もも

…え?終わりですか?

夕方ゆかた
夕方ゆかた

『シャドバ』ってこういうもの、なんだよね。

まさかの3種類のみでした!

『シャドバ』公式ツイッターへのリプ欄はまた楽しいことになっていますね。

これはつまり現状エルフ、ネクロ、ビショップの3強状態になっているということですから。

私は最近このゲームブログを書き始めて、ログインしかしていなかったゲームや、新作ゲームなんかを積極的に遊んでいます。『シャドバ』もログインしかしていませんでしたが、そのおかげで使わないリーダーのカードを全部売却した結果レッドエーテルが14万ほどになりました。

ですのでこの間早速好きなリーダーのロイヤルとエルフのデッキを組んだばかりだったのですが、こうして大会上位者のデッキが公開されるのはありがたいです。丸々コピーできるので!

夕方ゆかた
夕方ゆかた

正直復帰したばかりのときってそもそもカードプール増えまくりだし、全然環境が分からないから強デッキといわれるものを使って回してみるのが一番手っ取り早いんだよね。

もも
もも

まぁ、ある程度戦えないと他のリーダーのカードなんかも把握できませんしね。

「自然エルフ」

まずは自然エルフ!

自然エルフ

元々フェアリーで戦うことを前提に作られているようにも感じる「エルフ」というクラスですが、今回の新環境においてはそれが顕著に感じられますね。

私も「RAGE」をオープンレックで視聴していましたが、新環境のエルフは「自然エルフ」か「リノエルフ」かの2択のようです。

解説の方も言っていましたが「自然エルフ」では序盤にフェアリーを貯め、中盤以降はフェアリーを並べつつ中型フォロワーを展開。終盤では「オムニス」でフィニッシュを狙うという構築のようです。

序盤でキーとなるのはこのカード「ブルームスピリット」。

「ナテラの大樹」が場にあるときに、ターン終了時にフェアリーを1体出します。さらに自身の効果によってフェアリーが場に出るたびにそれを+1/+1するため、攻守2/2のフェアリーを展開できるわけですね。

しかもこのデッキ自体1コストのフェアリーを貯めやすいうえに並べやすく、2/2のフォロワーが横に並ぶのは意外と脅威です。

中盤になるとこちらの進化権を使わずに進化できるカードたちが展開されます。「フェアリー」や「フェアリーワスプ」を駆使して戦うこのデッキならば1ターン中に4枚以上カードをプレイするなんてザラです。「アイリーネ」は進化時に2回攻撃できるようになるため雑魚処理にもフィニッシャーにも使える強カードとなっています。

こちらの「愛の奇跡」はスペルカード。「優しき森の美女」か「怒れる森の野獣」をチョイスして場に出しますが、6コストで使用すれば2体を同時に出します。

また、カードを2枚以上プレイしていれば出したフォロワーを+2/+2するので実質進化時と同じステータスになるのも強み。中盤に並べられるとかなり厄介です。

そして盤面ひっくり返し要員&フィニッシャーの「始祖の大狼・オムニス」。

場に出たときに他のカードを手札に戻し、戻した数だけ「大狼」を場に出し、それらに突進を付与します。

オムニスのコストが7のため、10PPあれば場にフェアリーを3体並べてから場に出すことでオムニス+大狼×3体を出すことができます。大狼のステは3/4。大狼に雑魚処理をさせて疾走持ちのオムニスで決めに行くという動きができるわけですね。

またフェアリーだけではなく、「ナテラの大樹」も高確率で場にあるのでそれも回収できればその分大狼も現れます。

夕方ゆかた
夕方ゆかた

いやこうして書き出してみると本当によくできたデッキだよね。強いわけだ。

もも
もも

エルフは場に出したカードを戻したり出したりと、1ターン内で何回も行動することができるのでよく考えるクラスになっています。手札のカードをただバンバン出すよりも楽しいんですよね。

夕方ゆかた
夕方ゆかた

というわけで今回はここまで。次回は他のふたつのデッキも自分なりに考察してみようかなーと思います!

もも
もも

それでは失礼しまーす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました